里の小屋

里山から資源を得てくらしを営んできた山村集落には、その土地の風土や生業に根ざした付属屋がつくられました。小屋が生活を支え、里の風景をつくってきました。

In mountain villages, humans rely on resources from the nearby satoyama, or the area between the village and the surrounding mountains. Village residents built various kinds of attached huts that were adapted to this environment and were necessary for sustaining their livelihood.

  • #

    和束町湯船

    林業と茶業を営んできた湯船には、周辺の木材をふんだんに用いた主屋とともに、焙炉のための茶工場が古い形式で残されています。

研究テーマに戻る